TBSの企業価値向上を目指して

放送業界をめぐる状況と本提案

TBSは、日本の放送事業者として社会において重要な使命を担っており、ニュースや情報、災害時における報道、そして良質なエンターテインメントを提供する責任があります。このような責任を果たすべくTBSの可能性を妨げることはあってはならず、本提案も決してそのような意図をもつものではありません。むしろ本提案はTBSが今後も安定して運営されるよう、リスクを軽減することを目指すものです。

私共は、今般日本の放送業界が大きな変革期を迎えていることも認識しております。ストリーミングやオンデマンド配信のような新たな技術革新とその普及とともに視聴動向が著しく変化し、従来のテレビ広告収入は減少の一途を辿りコンテンツの収益化モデルも変わりつつあります。しかし、こうした転換期はリスクも多いながら好機でもあります。

このような状況下で、TBSが新規事業を推進し、絶えず変化する消費者のニーズに応えながら将来に向けた取り組みを進めていくために、ある程度の資本を保有しておかなければならないことは認識しております。直近では、国内最大級のドラマアーカイブ数を誇るとされる動画配信サービスParavi(パラビ)を共同設立するなど、TBSは新たな機会を積極的に捉えており、今後も放送業界をいっそう向上するための新たな事業に取り組んでいくことと考えます。放送関連領域と関連のない一企業の株式保有を減らすことがこうした戦略の障害となるはずはなく、TBSの会社としての地位を高めることこそあれ低下させることにはなりません。