TBSの企業価値向上を目指して

株主の皆さまへ

日本のコーポレートガバナンスの基準及び企業が求められる行動も、今、大きく変わろうとしています。株主提案における議決権の行使は、それらの鍵を握る重要な役割となり、日本版スチュワードシップ・コード基本原則5でも以下通り説明されています。

機関投資家は、議決権の行使と行使結果の公表について明確な方針を持つとともに、議決権行使の方針については、単に形式的な判断基準にとどまるのではなく、投資先企業の持続的成長に資するものとなるよう工夫すべきである。

スチュワードシップ・コード、及びTBSの株主が公表している方針で明らかなように、議決権の行使はとりわけ長期的な持続的成長に焦点を合わせて判断されるべきです。TBSのバランスシート上のリスクを減らすことを目的とした本提案は、この方針に十分沿ったものです。不安定な株主市場の状況に左右されることなく、安定的で持続可能な会社を作り、成長を可能にします。

下記のTBS株を保有する主な株主が公表している議決権行使に関する方針をご覧ください。株主は、TBSの企業価値を追求し、ベストな企業実績を維持するために必要な判断をくだす義務があります。これは、本提案の目的そのものと言えます。