現物配当の提案をした理由

私共は、東京エレクトロンの株を現物配当するという提案は通常の現金配当に比べて多くの株主には馴染まないと理解しています。通常の現金配当の提案を検討した上で、それでもやはり現物配当に決めた理由はあります。会社法上、通常の現金配当の提案の場合、配当のための資金源を指定することができないのです。TBSの大量な政策保有株の問題の中でも最も目立つ「東京エレクトロンの株の現物配当」という提案の形をとることによって、TBSの経営陣及び株主が取り組むべき問題により具体的かつ真剣に目を向けることになると思ったからです。

TBS株主の皆様が、本提案を支持することで、株主は大量な政策保有株の削減について検討することを期待しているというメッセージをTBS経営陣に訴えかけることができる、と私共は考えます。

TBSの株主の皆様には、本提案では、配当を現金で受け取るか、または東京エレクトロンの株で受け取るかの選択ができることをご理解いただきたいと思います。

私共は、現金配当の形を選択する株主がほとんどではないかと予想しています。